ごあいさつ

 

 

人が生活するうえでモノの移動があり、モノを運ぶ包装・緩衝材は必ず必要であります。

明治37年6月。株式会社中川パッケージの前身である“中川モクメン”本店として個人創業を開始してから約1世紀余り。私たち中川パッケージは日本経済の発展とともに、その物流を支えてきました。



創業以来『モノを包む』という分野で切磋琢磨し、
“包装企業”として時代が求める包装技術を常に提案し、
パッケージという分野で発展してまいりました。
そして、包装分野において新たなステイタスを確立してきたのです。

日本で初めてとなるモクメン(木棉)緩衝材を製造し、
発泡樹脂緩衝材そしてフィルム緩衝材へと時代の要求に合わせて、
その素材を変化させてきました。また、外装も、筵(むしろ)から、
木箱、そして段ボールやプラスチックダンボールへと製造するものを変化させてきました。

 

次の時代へ、新しいパッケージのスタイルを提案し、常に時代が求める包装技術を通じて、私たち中川パッケージは社会に貢献したいと考えています。

お客様に満足していただける企業になるために、従業員が働き甲斐と誇りを持てる企業になるために、中川パッケージはこれからも変革と挑戦を進めてまいります。
今後とも皆様のご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。